蛙星商会

蛙星商会と命名していますが何も販売してません。走って作っての趣味ブログです。

東京マラソンの一般ランナー参加中止

珍しく日本がまともな危機管理機能を発揮したようで、コロナウィルス対策のため、東京マラソンが縮小開催されることになりました。

エリートランナーのみで、オリンピックの選考レースだけは実施となります。
まあ、妥当な判断だと思います。
人数が多いと、自分はかからないと思い込んでいる人や、かかっても耐えられる自信があるといったアホな人たちがどうしてもでてきます。
なかには、参加費がもったいないので出るという人もいるでしょう。
そういう人が罹患するのは勝手ですが、ウィルスを撒き散らすキャリアーになるのが問題です。
なので、今回の決定は仕方ないと考えています。


ちなみに、振り込んだ参加費は返ってきません。
他のマラソン大会も同じですが、既に準備費用として使っているためです。
仮設トイレのレンタル費など、キャンセルできるものは、少し費用が浮くでしょうが、全体からすると集めた参加費だけでは足りないはずです。

元々、集めた参加費だけでは足りなくて、自治体からの持ち出しで賄っている部分があるためです。
過去に台風などの自然災害で、中止になった時に、なんで返金されないのか、ごねている人に対しての反論を探すと、そういう情報がでてきます。
そもそも、こういった場合は返金されないということに合意して申し込んでいるはずなので、金返せとごねるのはお門違いです。


東京マラソンが縮小開催という名の一般ランナーにとっては中止になったことにより、他のマラソン大会も右に習えで、中止になるものと考えられます。
3月開催の大会はダメでしょうし、4月開催の大会は様子見といったところでしょうか。
東京マラソンが中止への道を作ってくれたので、安心している関係者がいるかもしれません。

私の申し込んだ熊谷のさくらマラソンも諦めてます。
ラソンだけではなく、野球やサッカーもスタジアムでの観戦は出来なくなる可能性もあります。
音楽ライブやフェスも中止になる流れができそうな気がします。


コロナウィルスが感染拡大しつつあるとはいえ、東京マラソンが縮小開催されることになったのは、正直なところ意外でした。
一般ランナーが参加できないとなれば、必ず批判する声は出てきます。そして、通常通り開催してもコロナウィルスの被害が広がるとは限らないですし、被害が広がっても東京マラソンで感染したという証明は出来ないだろうから、「東京マラソンの影響ではないと考える」と言い続けることも可能なわけです。
通常通り開催できなかったという汚名を受け入れてまで、感染が広がるリスクを抑える方法を選んだのは英断だと思います。

穿った見方をすると、開催決定権を握っている人か、その人に圧力をかけることのできる人が、今回のコロナウィルスはヤバいという危機感を抱いたとも考えられます。
その裏には、公になっていない情報があるのかもしれません。
裏事情があるのかどうか知る術もありませんが、まともな判断がされたのだと思います。

ヒゲマラソン部練習会20200207 22キロジョグ シンスプリント?

金曜夜にいつものロング走に出かけました。
今週の目標はいつもの周回コースを9周です。ここ最近、7周と8周しか出来なかったので、そろそろ停滞から抜け出したいところ。

走り始めると毎度のことながら、足首が痛い。
しかし、最近は痛みが脛に移ってきた気がします。痛む部位は、少し変化したものの、左も右も痛いのは変わりません。
痛いなりに走れるようになってきたので、ゆっくりと走ります。

目標は9周なのですが、4周を過ぎた辺りで走るのを止めたくなってきました。
まだ半分行ってないぞ!と自分に言い聞かせるものの、足が痛い、腹が減った、風を受けて胃の周りが冷えるなどと、言い訳をして走るのを止めようとします。
その都度、後1周だけ走れと自分に命じて、だましだまし目標の9周を走りきりました。


問題はその後です。
左足の脛の痛みが全く治りません。
これは、ランナーお馴染みのシンスプリントだ。
悪化すると疲労骨折するらしいのですが、私の練習量は月間200キロにも達していないので、疲労骨折はしないだろうと思います。
とはいえ、このままの練習を続けるのは無理があるので、せっかく調子が上がってきたのですが、しばらくは足の様子を見ながら練習するかどうか決めます。
痛みが出ても、痛まないフォームを探っているうちにそのうち耐性がついて治るというのが、私の考えてすが(良い子は真似しないように)、今回の痛みは走ると悪化しそうなので、自重します。
回復させることも重要です。



22キロ走ったタイムなのですが、2時間36分もかかってました。
途中3回もトイレ休憩したとはいえ、遅すぎて驚きました。ゆっくり走ったとはいえ、走っている間はキロ6分20秒ぐらいかと思ったら、キロ6分40秒ぐらいかかってます。
キロ6分40秒って、ゆっくり走ってもそこまで落とすのが難しいぐらいなんだけど。
よほど、足の調子が悪かったようです。

ヒゲマラソン部練習会20200205 15キロビルド走 追い込んでみる

水曜日はビルド走の日なのですが、1月は練習不足やどっかしらが痛くて、全くビルド走にならなかったのですが、ようやくビルド走ができるようになりました。
安定して出来るかどうか分からないのですが、ここまで復活したかという気持ちです。

今回の目標タイムは、最初の5キロのペースは6分15秒、次の5キロは6分、最後の5キロは5分45秒とします。
15秒ずつ上げていくわけです。

とはいえ、私の場合は走っている時はペースは確認しません。
気にするのは呼吸の余力の有無です。余力があるか、あまりないか、全くないか、の三段階で負荷がかかり方を変化させた結果、ペースが変わります。
心拍数のゾーン設定をするという手もあるのですが、いちいち確認するのが面倒なので、私は呼吸で判断する方法に落ち着きました。

呼吸だけを気にして走れれば良いのですが、足首の痛みは残っているので、足首の様子を気にしながら、呼吸を意識します。
足首の状態は相変わらずで、昨日よりも右足が前にでなくなったと感じるぐらいです。

最初の5キロは問題なかったのですが、次の5キロがペースを上げすぎました。どう考えても、もう一段階負荷を上げると15キロもちません。
久々のビルド走なので、ペース配分ができていないのは仕方ありません。こうなりゃ、行けることろまで行って、後はペースダウンもやむを得ません。
そう判断するのは楽なのですが、残り半分以上距離が残っており、この後何度も練習を中断しようかという誘惑にかられます。

最後の5キロは、いつもは使わないようにしている足の筋肉を使って、身体を前に出すようにします。
これ以上、ピッチを上げてペースアップすることは出来そうにないので、筋力でペースアップを目指します。

結局、残り2キロぐらいで、息も絶え絶えになり、フォームは崩れて、ペースも落ちてしまいました。
後は負荷をできるだけ落とさないようにしながら、走りきりました。

5キロ毎の平均ペースは
6分23秒
5分56秒
5分21秒
でした。
最初の5キロが遅すぎで、最後の5キロが予想より速くて、全体としては、予想より少し早い程度でした。

追い込んで、先週までの自分を越えた感があり、満足度の高い練習でした。
その分、走っているときは、投げ出したくなるぐらいにしんどいんてすけどね。

ヒゲマラソン部練習会20200204 5キロジョグ 今度こそ計測

先日は、GPSウォッチでの計測に失敗していたので、今度は成功させたいところです。

ForeAthlete945のPDFのマニュアルをダウンロードして確認したところ、GPSの表示が赤だとまだGPS信号を捕捉していないらしい。
※前回、赤文字でGPSと書きましたが、赤背景が正解でした。
そのため、昨日は計測可能な状態になっていなかったというわけです。


計測できなかった原因は分かったものの、昨日のダメージから回復していないので、今日はタイムアタックは無しで、余力を持って走るようにします。

普通に歩いていても、足首が痛いし、特に階段の下りはゆっくり歩かないと降りられません。
そのため、通勤時間帯は後ろから早く歩けというプレッシャーをかけられないように、気を使います。

走ってみると、今日は左足首がダメな日でした。
まず、着地時に踏ん張りが効いておらず、着地エネルギーが推進力になってません。
そして、足が真っ直ぐ前に出ておらず、前に振りだす時に外側に流れて、爪先が外側に向いたまま足を引き戻して着地しており、外側に推進力のベクトルが向いており、エネルギーをロスしまくっている感じがします。

まともに走れているとは、言い難い状態ですが、5キロのタイムは、29分33秒でした。
足の状態や、信号に一度ひっかかったことを考慮すると、キロ6分を切っているのは、思った以上に良いタイムです。

ただし、次に予定しているハーフマラソンで2時間を切るには、厳しい状態です。
手っ取り早くタイムを改善するには、練習よりも体重を減らすことだな。年始に比べて、少し腹回りの肉が減ったとはいえ、まだ多すぎです。


ForeAthlete945にランの動作を取得するオプションを付けたので、左右の足のバランスみたいなものが分かります。
足の調子が悪いと顕著に数字に現れるのを期待したのですが、左足がダメだったわりに、左右差はほとんどなし、どういう意味か調べていないのですが、50.2と49.8でした。ほぼ誤差のように感じます。
どうなっているのやら。

ヒゲマラソン部練習会20200203 10キロジョグ GPSウォッチを新規投入も使い方分からず

いつものように10キロジョグのはずですが、後半はタイムアタック風になりました。
それぐらいになるまで、追い込めるようになったかというと、そんなことはなく、それなりに代償はあります。

今回からGPSウォッチをガーミンのForeAthlete945にしました。
久しぶりにGPSウォッチを着けて走るので、どのぐらいのペースが出ているのか楽しみな反面不安もあります。
期待したほどのペースは出なくて、落胆するまでが、お約束です。

今どきの製品らしく、付属のマニュアルは簡素なもので、ちゃんとしたものはウェブサイトからダウンロードしろというものです。
ちなみに、ダウンロード版は見ていません。

簡素なマニュアルによると、スタートボタンを押してランモードにしたら、もう一度スタートボタンを押すと計測開始します。
計測中にスタートボタンを押すと、記録を保存するかどうか聞いてくるので、保存して終了という流れです。

最初にスタートボタンを押すとランモードになり、GPS受信したかどうか確認することになっているのですが、ここでつまずきます。
画面に赤文字でGPSと表示されているものの、これは信号を探しているのかそれとも、準備完了状態なのか?付属のマニュアルには書いてなかったぞ。
練習開始位置まで歩いても、GPS表示はそのままなので、もう一度スタートボタンを押して、計測開始します。

表示がいかにもランの計測っぽい表示になり、走り始めるとペースらしき表示が出ました。なんか、計測されているっぽいです。
ペースは6分10秒。微妙な数字ですが、こんなものでしょう。
そのまま、走っていたのですが、久しぶりに測定するので、どのぐらいのペースが出ているか気になりますし、ついついペースを上げて走りたくなります。
時計をチラチラ見ていたのですが、なんかこれバックライトが点きっぱなしなのだが、こういうものか?
そして、ペースの上に表示エリアがあり、そこが更新されないのはなぜだ?普通ならタイムか距離が表示されそうなものなのだが。

しばらく走っているうちに、スタンバイ状態に入るような表示が出た後に、時計モードに戻りました。
んん?バックグラウンドで計測してくれるなら、これはこれで、個人的にはうれしいモードだが、普通これはないよな。

10キロ走ったら、ガーミン特有のチャイム音が鳴るかと思ったのですが、それはありませんでした。
まさか、今まで10キロと思っていたのは10キロに満たなかったというわけじゃないよな。

練習を終えて、計測終了するために、スタートボタンを押したのですが、記録を保存するかどうか聞いてきません。
何度か操作しているうちに、やっと保存するか聞いてきたので、保存したのですが、4秒という記録が見えたような。
認めたくはないが、これはアレだ、失敗だ。10キロ走ったものは記録されていなくて、走り終わってからいじっているうちに、数秒が記録されちゃったやつだ。
せっかく、久しぶりに追い込んだし、足首が痛い状態で高ピッチで走れるという面白い日だったのに!



先に書いた通りうまく計測できていないとは思わずに頑張って走ったわけです。
まずは、いきなり左足首が痛い。
これはあれだ、右足首で発生した問題が左でも起きただけだ。なら、右足首と同じように足首をロックして動かないようにすればなんとかなる。
と思ったら、ダメじゃねーか。うまく着地できないのはなぜ?
どうやら右足はすねと足の裏の角度が垂直になっているのだが、左足は角度が若干ながら鋭角になっており、爪先から着地して、踵が下がったタイミングでアキレス腱が伸ばされて痛みになっているようだ。

とりあえず、無理しない程度に痛みを無視して走っていると、左足のすねと足の裏の角度も垂直に近い状態になってきた。
こうなったら、こっちのものです。短期間ならピッチを早めれば、足首が本格的に痛む前に走りきれる。ピッチを早めると心肺への負荷が上がるので、そのうち失速するとは思うが、行けるとこまで行けばよい。

意外にも順調に走れていると思ったら、7キロぐらいの地点で、右足で着地すると、全く踏ん張れずに、足がぐにゃりとする感覚になってきました。
残り3キロと思って、出切る限りペースを維持して強引に走りきりました。
久しぶりに計測しているので、余りにも恥ずかしいような記録は残したくないという気持ちで走っていたのですが、実は計測されていなかったという、なんとも阿呆な結果でした。

無茶して走ったせいで、翌朝、両足首痛いという、いい大人が何やってんだか、というオマケ付きです。

ヒゲマラソン部練習会20200131 20キロロング走 相変わらずの足首痛

ここのところ金曜の夜にロング走をしており、少しずつ距離を延ばしたいと思うのですが、なかなか延びません。
1月に入って周回コースを7周、8周とちょっと延ばしたと思ったら、先週はまた7周に戻ってしまいました。
あわよくば、10周までもっていきたいのですが、なかなか遠い。
そんなことを考えながら走っていると、今週は8周で断念しました。
後先考えず走れば、残り2周ぐらいなんとかなるのですが、右足首が悲鳴をあげているので、8周で諦めました。
最低ラインは7周だったので、そいつはクリアしましたのですが、まだまだです。

そもそも、走り出してから、500メートルも進まないうちに、足首が痛いってどういうことよ?
その前までは、もう少し走ってから痛みがでてきたはずなんだが。

走っていると、痛みがでてきたり、消えたりの繰返しです。
気持ちの要素が大きいと思うのですが、リズム良く呼吸しながら走ると、痛みも含めて楽になります。


なんだかんだで、順調に走っているかと思われるかもしれないが、かなりボロボロです。
走り終わると真っ直ぐに歩けないわ、次の日でも足首やふくらはぎが痛くてまともに歩けないわで、かなり困った状況です。


右足首が痛んでくると、足首がほとんど曲がらなくなります。最近は慣れてきたのか、足首を曲げない走りを習得しつつありますが、股関節が痛むという問題があります。

変なフォームに慣れなくてよいので、さっさと治ってくれないものだろうか。

私の想定では、痛みはあるもののダメージを受けては回復してを繰り返して、そろそろ足が今の負荷に馴染んできて、痛みがなくなるのだが、その時はまだ来ないのか?
ひょっとすると、今やっているのは、ダメージを与え続けているだけで、本格的に故障への道を進んでいる可能性もあるが、そこは勘でなんとかなっているものと思い込みます。

見る人が見れば、日々の血液の状態から疲労状況が分かるのかもしれませんが、そのようなスキルも器材もないので、感覚頼りです。
そういうものが、分かるようになれば、効率良く練習できるのだが、誰がその方法を見つけてくれないものだろうか。
血液を取得する方法を無視すると、日々の変化から結果を推測するのは、AIの得意分野なのだから、どこかでやってくれてもよいと思うのだが。
とはいえ、そういうことが出来るのは、エリートランナーが基準になるだろうから、市民ランナーレベルで使い物になるのは、まだまだ先の話だな。

ヒゲマラソン部練習会20200129 10キロジョグ

水曜日は15キロビルド走の日なのですが、最近まともに出来た記憶がないので、そろそろ走れるようになっておきたいところです。

今日こそはと意気込んで走ってみたものの、結局は10キロで右足首が痛くて轟沈しました。
うーむ、結果を見ると先週から進歩していないように思える。

とはいえ、全く収穫がなかったわけではありません。
足首を庇って着地を意識するよりも、どうやって着地するかなどという細かいことは考えずに、呼吸を安定させてリズムよく走ってみると、いい感じに走れました。

因果関係は分かりませんが、呼吸のリズムが良くなると、走るリズムも良くなって、痛みがどっかにいくようです。
呼吸しやすくするために、歪んでいた姿勢が正しくなり、走りやすくなったのかもしれませんが、想像の域をでません。

いったん、フォームのことは忘れて、呼吸のリズムを整えることに集中した方がよい気がしてきました。
リズムよく走れないと、マラソンなんてひたすら苦行が続くだけです。

初心者とそうではない人の違いは、リズムよく走れるかどうかなのかもしれません。
であれば、音楽を聴きながら走るのは、やめた方がよいかもしれません。
音楽のリズムに走りのリズムを狂わされることのないぐらいに走りなれていたり、自分の走るピッチに合わせた音楽を聴くような人は別ですが、そうではない人は、音楽によって走るリズムが狂わされている可能性があります。
走っている間の辛い時間を誤魔化すために、音楽を聴くと、走りのリズムが悪くなって、辛い状況からなかなか抜け出せない悪循環に陥ってしまうかもしれません。



リズムよく走れるようになったとはいえ、足首の痛みが消え去ったわけでありません。
7キロぐらいから、痛みが出てきました。
そこからは、痛みの少ない着地位置をさぐりながら走りました。
探るといっても、足が動くに任せて、今の着地位置は痛かったな、という感じで能動的に探るのではなく、受動的に結果を拾っていく感じです。

最終的には痛みに耐えかねて、10キロで走るのを断念しました。